良きビジネスパートナーとして育む信頼関係

アイシングループは、生産活動において、様々な部品や原材料を世界各国の多数のサプライヤーから供給いただいています。お取引にあたっては、グループ連携を高めながら、良きビジネスパートナーとして共存?共栄することを基本理念に、サプライヤーとの信頼関係の構築に取り組んでいきます。

2020年度 グループ調達方針

調達基本方針

  • 長期安定取引を前提とした仕入先様との共存共栄
  • オープンでフェアな取引の遂行方針
  1. 安全?コンプライアンスの最優先と品質の早期?て直し
  2. 生き残りをかけた重点領域での成?戦略を?える調達基盤の構築
  3. 既存事業での画期的な競争?の向上
  4. 企業活動の根幹を支えるグループ調達基盤の強化

アイシングループにおける調達の考え方

アイシングループはサプライヤーと共存共栄の考えに基づき、相互に発展を図っていきたいと考えています。調達活動にあたっては、アイシングループの方針や関連する法規の順守を徹底するため、「アイシングループ企業行動憲章」を各言語に翻訳してサプライヤーに配布し順守を要請するとともに、各社の取引先にも本憲章の順守を要請しています。同憲章は、人権?労働、環境、コンプライアンスなどの項目に関する方針を定めており、社会面(児童労働、強制労働、差別禁止や機会均等、結社の自由、団体交渉、長時間労働削減、最低賃金、健康と安全など)に加え、水使用や生物多様性などの環境面への順守を要請しています。特に環境に関しては、「アイシングループ グリーン調達ガイドライン」において、GHG排出量の削減、廃棄物を含めた資源循環、水使用量の低減、生物多様性の保全をサプライヤーに求めています。

なお、新たなサプライヤーとのお取引にあたっては、ISO9001やISO14001認証に基づく調査、与信調査、品質監査を実施したうえで取引を開始し、その後も関連部署と協業して安全?環境?耐震などの点検を継続して実施しています。

また、新規サプライヤーの選定については、ISO9001やISO14001に基づく調査、信用調査、品質監査、口座検討会を実施しています。

関連団体やイニシアチブへの参画

日本自動車部品工業会の総務委員会にはアイシン精機の取締役?副社長執行役員が所属し、この中にある調達?生産部会には、グループ調達本部の副本部長が所属しています。アイシングループは同部会の活動を通じ、「自動車産業適正取引ガイドライン」をはじめとする適正取引推進のための業界指針の策定への参画に加え、紛争鉱物規制への対応に向けた情報収集や、サプライチェーンにおける責任ある鉱物調達への取り組みを進めています。

サプライヤーと共に取り組むCSR活動

アイシングループでは、1次サプライヤーはもちろんのこと、可能な限りサプライチェーンをさかのぼったCSR調達活動を推進しています。サプライヤーとは、オープンでフェアな精神に則り、互いにCSRに関する条項を強化した取引基本契約書を取り交わし、公正な調達活動を推進しています。

また、国内中小規模のサプライヤーに対する代金支払いを現金に一本化するなど、サプライヤーとの「未来志向型の取引慣行」の実現に向けた取り組みをグループ全社で進めています。なお、アイシングループでは企業行動倫理相談窓口を設けて、サプライヤーからの相談?困り事などを受け付けて

サプライヤーに対するリスク評価およびモニタリング

アイシングループは、サプライヤーの品質レベル向上を図るための品質監査を実施しています。保安部品など要求品質が高い部品のサプライヤーをはじめとする特定120社について、品質マネジメント体制の整備と遵守状況について3年に1回の定期監査を計画し、2019年度は48社の監査を実施しました。この監査では、品質基準類の順守状況を確認し、問題があった場合はその原因と是正処置を改善計画書に落とし込み、スケジュールを決めてひとつずつ確認していき、改善するまでアドバイス、検証を続けます。

また、自然災害や火災その他の事故等に起因する購入品の安定調達リスクに対しては、サプライヤーから提供いただいた購入部品?原材料の製造工程に関する情報を専用システムに登録?活用し、初動と復旧対応を迅速に行える体制を整えています。有事の際にはグループ各社が持つサプライチェーン情報をもとに、グループ全体での影響をタイムリーに特定し、早期での対策実施と供給継続に繋げています。

品質マネジメント点検の様子
品質マネジメント点検の様子
品質マネジメント点検の様子

サプライヤーとの相互研鑽

アイシングループは、サプライヤーの技能向上や企業体質の強化を目的に、主要なサプライヤーに対し人材育成支援を行っています。アイシン精機では、主要なサプライヤーの後継者を基本2年間、希望する部署に受け入れる「子弟留学制度」をはじめ、利用ニーズに合わせ従業員の出向受け入れを実施しています。このほか、アイシン精機の主要サプライヤーが相互の研鑽や優良事例の横展開を目的に編成する協力会の活動を側面から支援し、生産性?品質向上をめざす諸活動および安全?環境活動などへの助言を行っています。2018年度より引き続き2019年度も、労務関連の法改正に関する研修、安全指導などを実施しました。

贈収賄防止への取り組み

アイシングループは、贈収賄防止の基本方針?専門委員会のもと、贈収賄防止ルールの整備?社員への啓発を行うなど、贈収賄防止を徹底しています。アイシングループの事業に関与する全ての取引先様にも、政治?行政との関係において贈賄を行ったり、第三者に対してアイシングループのための不当な利益等の取得?維持を目的とした接待贈答?金銭等の授受?供与を行ったりすることのないよう、要請しています。

2019年度には、グループ内で調達活動に従事する社員向けに、贈収賄の禁止をはじめ各種法令順守に向けた具体的な行動を示した「グループ調達行動憲章および行動指針」を定め、さらなるコンプライアンス徹底に努めています。

アイシングループにおける調達体制

アイシングループでは調達機能強化に向け、2021年4月のアイシン精機と、アイシン?エィ?ダブリュの経営統合に先駆けて2019年度より調達機能の統合を進め、グループ調達本部を発足させました。サプライヤーに対する窓口を一本化し双方向コミュニケーションを一層強化するとともに、両社の重複業務の廃止による効率化や、意思決定の迅速化を進

アイシングループにおける調達体制
アイシングループにおける調達体制
强奷漂亮老师视频国语版_在线看免费观看日本AV动态_JAPANESE丰满人妻HD_欧美曰本—本道免费无码DVD