環境マネジメント

ISO14001認証取得会社数/取得率

(社)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
生産会社数 95 104 109 109 124
取得会社数 94 100 101 101 113
取得会社の割合(%) 99% 96% 93% 93% 91%

※生産開始後3年未満の会社を除く

環境事故?協定値超過の件数

(件)

  アイシン精機 国内主要生産会社12社
  2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
法規制、協定値超過 0 ※1 1 ※2 1 0 0 ※5 1 ※1 1 ※2 1 0 0
環境事故 0 0 0 ※3 1 ※4 1 0 0 0 ※3 1 ※4 1

(件)

  国内グループ会社32社 グローバル
  2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
法規制、協定値超過 ※5 1 ※1※6 2 ※2 1 0 0 ※2 1 0 0
環境事故 0 0 0 ※3※7 2 ※4※8 2 0 ※3※7 2 ※4※8 2
  1. アイシン精機(SS基準値超過)
  2. アイシン精機(BOD協定値超過)
  3. アイシン精機(シンナー流出)
  4. アイシン精機(食堂排水流出)
  5. アイシン?エーアイ(COD協定値超過)
  6. 愛知技研(放流水のリン基準値超過)
  7. 愛知技研(Noxガス発生)
  8. 愛知技研(濾液流出)

環境監査(環境管理部署主催)

  アイシン精機 国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
環境監査回数(回) 1 1 1 1 1 34 59 168 175 108 60 84 185 190 123
実施事業所数(箇所) 20 20 20 20 20 49 52 54 67 59 116 121 124 130 124
改善指摘事項の数(件) 7 7 13 40 22 204 337 335 473 249 337 459 608 688 405
内部監査員数(人) 1,878 2,116 162 177 379 3,552 3,665 3,936 2,160 2,222 4,024 4,127 4,273 2,529 2,589
監査員教育の回数(回) 8 7 4 9 9 15 24 36 28 22 23 37 73 37 32

※2017年度よりISO14001の規格改正に伴ない、内部監査員資格要件を見直したため減少

環境教育受講人数

(人)

  アイシン精機 国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
環境管理部署向け教育 825 1,052 991 2,696 2.415 1,135 1,438 1,433 3,215 2,828 1,178 1,483 1,490 3,317 2,858
一般部署向け教育 16,336 15,539 15,459 16,326 16,893 17,619 20,078 21,313 24,919 23,845 18,138 20,498 22,297 25,284 25,012

温室効果ガス

CO2換算は、(社)日本自動車部品工業会の2007年受電端係数の固定値を使用。
HFCs、SF6のCO2換算は、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令」に定める地球温暖化係数を使用。

温室効果ガス排出量

(t-CO2

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
総排出量 計 220,394 208,102 213,539 209,470 209,122
種類別内訳 CO2(二酸化炭素) 208,994 202,402 208,979 208,275 205,702
SF6(六ふっ化硫黄) 11,400 5,700 4,560 1,195 3,420

(t-CO2

  国内主要生産会社12社 グローバル
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
総排出量 計 1,134,736 1,199,434 1,261,514 1,293,539 1,177,317 2,589,350 2,724,329 2,963,364 3,027,726 2,822,410
種類別内訳 CO2
(二酸化炭素)
1,123,336 1,193,734 1,256,954 1,292,341 1,173,897 2,577,950 2,718,629 2,958,804 3,026,531 2,818,990
SF6
(六ふっ化硫黄)
11,400 5,700 4,560 1,195 3,420 11,400 5,700 4,560 1,195 3,420

※CH4(メタン)、N2O(一酸化二炭素)、PFCS(パーフルオロカーボン)の排出はなし。

エネルギー

各エネルギーの熱量換算は、「エネルギーの使用の合理化に関する法律施行規則」に定める係数を使用。

直接的エネルギー消費量

(GJ)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
直接的エネルギー消費量 計 1,442,993 1,321,317 1,326,393 1,332,379 1,266,353
種類別内訳 石炭製品(無煙炭?コークス等) 0 0 0 0 0
天然ガス 1,313,845 1,193,012 1,191,213 1,190,435 1,201,953
石油製品(ガソリン、ディーゼル油、LPG等) 129,148 128,305 135,180 141,944 64,400

(GJ)

  国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
直接的エネルギー消費量 計 5,711,347 5,854,311 6,346,001 6,294,445 5,947,640 6,058,210 6,238,951 6,681,810 6,629,123 6,266,688
種類別内訳 石炭製品
(無煙炭?コークス等)
1,199,768 1,200,351 1,247,483 1,252,437 1,215,999 1,199,768 1,200,351 1,247,483 1,252,437 1,215,999
天然ガス 3,762,264 3,885,857 4,252,520 4,221,091 4,073,058 3,908,172 4,064,024 4,419,604 4,389,089 4,247,265
石油製品(ガソリン、
ディーゼル油、LPG等)
749,315 768,103 845,998 820,917 658,583 950,269 974,576 1,014,723 987,597 803,424

間接的エネルギー消費量

(GJ)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
間接的エネルギー消費量 計 3,038,690 3,059,965 3,236,918 3,221,178 3,231,362
種類別内訳 購入電力量 3,038,254 3,058,960 3,235,977 3,213,158 3,220,497
太陽光?風力発電量 435 1,005 941 8,020 10,865

(GJ)

  国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
間接的エネルギー消費量 計 16,792,316 17,809,866 19,931,282 19,886,329 18,068,281 17,530,832 18,551,810 20,708,536 20,663,524 18,840,372
種類別内訳 購入電力量 16,790,781 17,807,794 19,858,617 19,835,857 18,000,619 17,528,594 18,549,606 20,635,617 20,612,798 18,771,491
太陽光?風力発電量 1,536 2,072 72,665 50,472 68,113 2,237 2,204 72,919 50,726 68,881

化学物質

(t)

  アイシン精機 国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
VOC排出量 223 315 332 331 275 552 646 696 700 678 553 647 700 701 678
PRTR排出量 115 83 90 30 314 219 172 197 434 416 220 173 277 514 425

投入原材料

(t)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
投入原材料 計 401,535 406,659 484,564 489,232 479,463
種類別内訳 金属、樹脂等(購入材料) 401,231 406,357 484,279 488,928 479,149
化学物質(PRTR届出対象物質取扱量) 304 302 285 304 314

(t)

  国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
投入原材料 計 1,052,863 1,163,728 1,281,003 1,964,214 1,434,662 1,095,211 1,216,849 1,327,903 2,012,508 1,478,060
種類別内訳 金属、樹脂等
(購入材料)
1,050,323 1,161,213 1,278,972 1,962,571 1,433,116 1,092,383 1,214,251 1,325,791 2,010,756 1,476,410
化学物質
(PRTR届出対象物質
取扱量)
2,540 2,515 2,031 1,643 1,545 2,828 2,598 2,112 1,752 1,650

廃棄物?再資源化

(t)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
廃棄物?有価物 廃棄物等総排出量 54,360 58,163 54,852 53,710 51,231
廃棄物循環資源
(リサイクル)量
54,099 57,822 54,500 53,445 50,977
再資源化率(%) 99.5% 99.4% 99.4% 99.5% 99.5%
廃棄物最終処分量 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
産業廃棄物 廃棄物等総排出量 2,498 2,624 3,050 3,222 3,381
廃棄物循環資源
(リサイクル)量
2,237 2,283 2,698 2,957 3,127
再資源化率(%) 89.6% 87.0% 88.5% 91.8% 92.5%
廃棄物最終処分量 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0

(t)

  国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
廃棄物?
有価物
廃棄物等総排出量 359,828 386,505 408,805 406,284 362,575 393,177 396,838 421,865 420,641 388,537
廃棄物循環資源
(リサイクル)量
353,730 382,126 403,929 401,135 357,558 385,569 391,478 415,487 412,855 382,370
再資源化率(%) 98.3% 98.9% 98.8% 98.7% 98.6% 98.1% 98.6% 98.5% 98.1% 98.4%
廃棄物最終処分量 4,317.1 2,503.5 2,752.4 3,071.0 3,117.2 5,015.0 2,646.1 2,981.0 4,493.0 3,714.6
産業廃棄物 廃棄物等総排出量 110,597 115,070 118,369 121,904 107,936 136,376 119,369 123,643 128,411 126,287
廃棄物循環資源
(リサイクル)量
104,499 110,690 113,493 116,755 102,918 128,769 114,009 117,265 120,625 120,119
再資源化率(%) 94.5% 96.2% 95.9% 95.8% 95.4% 94.4% 95.5% 94.8% 93.9% 95.1%
廃棄物最終処分量 4,317.1 2,503.5 2,752.4 3,071.0 3,117.2 5,015.0 2,646.1 2,981.0 4,493.0 3,714.6

水資源投入量

(t)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
総投入量 計 2,732,154 2,854,033 2,768,011 2,749,998 2,736,620
種類別内訳 上水道 457,140 456,452 492,549 473,749 498,164
工業用水 2,073,730 2,154,046 2,068,797 2,161,720 2,100,223
地下水 201,284 243,535 206,665 114,529 138,233

(t)

  国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
総投入量 計 8,161,819 8,285,383 8,560,985 8,591,611 8,604,392 8,701,817 8,701,817 9,243,527 9,246,883 9,218,456
種類別内訳 上水道 1,181,812 1,236,899 1,752,273 1,700,984 1,943,486 1,357,742 1,357,742 1,939,847 1,889,398 2,137,121
工業用水 5,959,849 6,049,724 5,733,415 5,887,944 5,787,011 5,978,468 5,978,468 5,755,268 5,918,426 5,815,312
地下水 1,020,158 998,760 1,075,297 1,002,683 873,895 1,365,607 1,365,607 1,548,412 1,439,059 1,266,024

総排水量

(t)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
公共用水域 2,940,540 2,850,444 2,757,318 2,712,800 2,690,794

(t)

  国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
公共用水域 6,899,872 6,972,093 7,190,846 7,060,235 6,882,192 7,325,564 7,325,565 7,663,653 7,535,767 7,346,337

輸送

CO2排出量の計算は、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」および関連ガイドラインに定める計算方法を使用。

輸送に伴うCO2排出量

(t-CO2

  アイシン精機 国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
総排出量 13,625 13,413 13,931 14,158 13,671 52,489 58,281 57,674 58,951 60,668 56,280 56,281 61,405 68,354 80,063

環境会計

環境省発行「環境会計ガイドライン2005年度版」に準拠しています。

(億円)

  アイシン精機
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
環境保全コスト 事業エリア内コスト 30.1 38.6 32.6 35.6 24.3
上下流コスト 10.6 11.3 12.0 10.8 7.5
管理活動コスト 5.5 5.3 5.9 6.6 7.4
研究開発コスト 60.7 50.6 45.3 38.8 51.7
社会活動コスト 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1
環境損傷対応コスト 1.1 0.7 0.3 1.2 0.0
合計 108.1 106.6 96.3 93.1 91.0
環境保全効果 省エネルギーによる効果 1.1 1.0 0.7 1.0 1.0
資材低減による効果 1.3 2.5 2.0 2.6 4.6
廃棄物低減による効果 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
有価物売却金 14.5 14.6 24.3 28.0 23.5
合計 16.8 18.1 27.0 31.6 29.1

(億円)

  国内主要生産会社12社 国内グループ会社32社
  2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
環境保全コスト 事業エリア内コスト 85.1 106.4 89.1 102.4 101.7 90.2 112.6 96.7 109.0 113.0
上下流コスト 46.8 49.3 70.3 56.6 41.7 47.2 49.7 70.7 57.1 41.9
管理活動コスト 10.0 10.5 10.3 15.3 11.8 11.1 11.7 11.6 16.4 13.9
研究開発コスト 185.6 174.4 180.5 144.8 179.8 186.8 175.8 182.6 146.3 181.3
社会活動コスト 1.4 1.5 2.1 2.0 1.9 1.4 1.5 2.1 2.1 2.0
環境損傷対応コスト 1.2 0.8 0.4 1.3 0.3 1.3 0.9 0.5 1.3 0.3
合計 335.5 343.0 342.9 322.4 337.2 344.0 352.2 364.2 332.2 352.4
環境保全効果 省エネルギーによる効果 9.7 10.6 10.0 10.8 16.5 11.8 11.1 13.7 11.9 16.7
資材低減による効果 1.4 2.5 2.1 2.7 4.6 1.4 2.5 2.2 2.7 4.6
廃棄物低減による効果 0.3 0.3 0.5 0.5 0.4 0.4 0.4 1.0 1.0 0.7
有価物売却金 47.8 53.3 75.8 92.2 66.4 49.6 53.7 77.2 93.8 67.4
合計 59.2 66.7 88.4 106.2 87.9 63.2 67.7 94.1 109.4 89.4

※過去のデータについては、集計範囲?集計項目の見直し等の理由により変更している場合があります。

アイシン精機 アイシン精機単体
国内主要生産会社12社 アイシン精機、アイシン高丘、アイシン化工、アイシン?エィ?ダブリュ、アイシン軽金属、アイシン機工、アイシン辰栄、アイシン?エィ?ダブリュ工業、豊生ブレーキ、アドヴィックス、シロキ工業、アート金属工業の12社
国内グループ会社32社 『国内主要生産会社12社』に加え、アイシン開発、アイシン東北、アイシン九州、アイシン北海道、埼玉工業、寿技研工業、愛知技研、山形クラッチ、アイシン九州キャスティング、新三商事、光南工業、碧南運送、サンエツ運輸、テクノバ、エフティ?テクノ、アイシン?コラボ、アイシン?ソフトウェア、アイシン?インフォテックス、イムラ材料開発研究所、アイシン?コスモス研究所の32社

スコープ別のCO2排出量

スコープ別のCO2排出量

【注】温室効果ガスのスコープ(排出範囲)のうち、ガソリンや重油の燃焼など自社で直接的に排出するものを「スコープ1」、購入した電力の使用による間接的排出などを「スコープ2」、原材料調達?製造?廃棄?流通など自社外関連活動からの間接排出を「スコープ3」と区分

各工場の排出データ

「水質」

※単位: PH…なし、大腸菌…個/cc、ダイオキシン類…pgTEQ/L、その他…mg/L、{ }…日間平均値、―…設定なし、ND…検出限界以下

※規制値 : 法基準、条例基準、協定値のうちで、最も厳しい基準値を記載

※測定回数が1回の場合は、数値を『最大』の欄に記載

※以下の規制項目は、すべての工場で定量下限値以下(検出されない)
全クロム、銅、全シアン、六価クロム、カドミウム、鉛、全水銀、アルキル水銀、ヒ素、有機リン、PCB、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、1,4-ジオキサン、チウラム、シマジン、チオベンカルブ、ベンゼン、セレン

「大気」

単位 : ばいじん(g/Nm3)、NOx(ppm)、SOx(K値)、塩化水素(mg/Nm3)、ダイオキシン(ng-TEQ/Nm3

規制値 : 法?条例?協定のうち、最も厳しい値を表記

測定値:最大値を表記(同じ設備が複数ある場合は、最も厳しい規制値を持つ設備の数値を記載)

「PRTR法の取扱量および排出?移動量」

単位 : kg/年、ただしダイオキシン類(mg-TEQ/年)

取扱量 : 1000kg/年 (特定第1種は500kg/年)未満は除外

刈谷地区

水質(試作工場?技術開発研究所)

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 5.8~8.6 5.8~8.6 6.7 7.3 7.7
COD 25{20} 20 1.6 4.0 7.6
BOD 25{20} 20 0.5 1.4 4.6
SS 30{20} 20 0.1 0.8 1.5
油分 5 2 ND 0.4 1.1
大腸菌 3000 1000 1 10 60
全窒素(N) 120{60} 15 2.5 4.0 6.2
全リン(P) 16{8} 1 ND ND 0.08
フェノール類 5 1 ND
鉄(Fe) 5 2 ND ND ND
マンガン(Mn) 10 2 ND
亜鉛(Zn) 2 1 ND 0.03 0.08

大気(アドヴィックス所有の設備を除く)

測定項目 設備 規制値 アイシン基準 測定値
ばいじん ボイラー 0.2 0.1 0.002
SOx ボイラー 1.75 1.4 0.06
NOx ボイラー 150 26

半田地区(半田工場?半田電子工場)

水質

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 5.0~9.0 6.0~8.0 6.7 7.1 7.6
COD 15 10 < 0.5 1.5 3.1
BOD 15 10 0.5 0.5 1.0
SS 15 10 0.1 0.2 1.0
油分 2 2 ND 0.2 0.7
大腸菌 3000 1000 0 19 75
全窒素(N) 120{60} 15 1.8 2.8 4.3
全リン(P) 16{8} 2 ND ND 0.08
フェノール類 0.5 0.5 ND
鉄(Fe) 0.5 0.5 ND ND ND
マンガン(Mn) 10 0.5 ND
亜鉛(Zn) 2 1 ND 0.04 0.07

大気

測定項目 設備 規制値 アイシン基準 測定値
ばいじん 冷温水器 0.1 0.08 0.002
ボイラー 0.1 0.08 0.002
発電機 0.05 0.04 0.005
SOx 冷温水器 1.75 1.5 0.05
ボイラー 1.75 1.5 0.005
発電機 1.5 1.5 0.06
NOx 冷温水器 150 120 21
ボイラー 150 120 45
発電機 200 160 150

PRTR法の取扱量および排出?移動量

化学物質名 取扱量 排出量 移動量
大気への排出 公共用水域への排出 下水道への移動量 その他の移動
1,000 0 0 0 0
メチレンビス
(4,1-フェニレン)
= ジイソシアネート
2,600 0 0 0 0

安城工場

水質

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 6.5~8.5 6.5~8.5 7.0 7.2 7.6
COD 25{20} 10 0.8 1.2 1.6
BOD 20 10 0.5 0.6 1.1
SS 20 10 0.1 0.6 1.4
油分 2 1.6 ND 0.2 0.3
大腸菌 1000 300 0 7 26
全窒素(N) 25 10 0.4 0.6 0.9
全リン(P) 2 2 ND ND ND
フェノール類 0.2 0.2 ND
鉄(Fe) 2 2 ND 0.1 0.1
マンガン(Mn) 2 2 ND
亜鉛(Zn) 2 2 ND 0.03 0.07

PRTR法の取扱量および排出?移動量

化学物質名 取扱量 排出量 移動量
大気への排出 公共用水域への排出 下水道への移動量 その他の移動
アンチモンおよびその化合物 14,000 0 0 0 0

新川工場

水質

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 5.8~8.6 6.8 7.5 8.0
COD 20 0.5 < 0.5 0.6
BOD 20 0.5 0.6 2.3
SS 20 0.1 0.2 1.3
油分 3 ND 0.3 0.8
大腸菌 1000 0 2 15
全窒素(N) 30 ND 0.6 1.7
全リン(P) 3 ND ND ND
フェノール類 1 ND
鉄(Fe) 2 ND ND ND
マンガン(Mn) 2 ND
亜鉛(Zn) 1 ND 0.10 0.41

新豊工場

水質

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 排水はすべてアイシン高丘の排水処理場で処理しているため、対象外
COD
BOD
SS
油分
大腸菌
全窒素(N)
全リン(P)
鉄(Fe)
亜鉛(Zn)
銅(Cu)
フッ素(F)
ホウ素(B)

大気

測定項目 設備 規制値 アイシン基準 測定値
ばいじん ボイラー 0.1 0.08 0.002
SOx ボイラー 9 7 0.05
NOx ボイラー 150 42

PRTR法の取扱量および排出?移動量

化学物質名 取扱量 排出量 移動量
大気への排出 公共用水域への排出 下水道への移動量 その他の移動
塩化第二鉄 2,500 0 0 0 0
キシレン 1,100 1,079 0 0 0
トルエン 2,400 2,382 0 0 0

小川工場

水質

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 6.5~8.5 6.5~8.5 6.8 7.2 7.6
COD 25{20} 10 0.5 0.8 1.7
BOD 10 10 0.5 0.8 2.7
SS 10 10 0.1 0.3 2.7
油分 2 2 ND 0.2 0.5
大腸菌 300 300 0 16 56
全窒素(N) 120{60} 30 3.6 6.3 11
全リン(P) 16{8} 3 ND 0.18 0.39
フェノール類 0.2 0.2 ND
鉄(Fe) 2 2 ND 0.1 0.3
マンガン(Mn) 2 2 ND
亜鉛(Zn) 2 1 ND 0.04 0.09

大気

測定項目 設備 規制値 アイシン基準 測定値
ばいじん ボイラー 0.1 0.08 0.002
加熱炉 0.2 0.16 0.002
SOx ボイラー 3 2.4 0.005
加熱炉 3 2.4 0.02
NOx ボイラー 150 120 48

PRTR法の取扱量および排出?移動量

化学物質名 取扱量 排出量 移動量
大気への排出 公共用水域への排出 下水道への移動量 その他の移動
N,N-ジシクロ
ヘキシルアミン
1,500 0 0 0 1,536
ニッケル化合物 11,000 0 0 0 661
ほう素化合物 2,700 0 0 0 2,722

西尾地区(西尾ダイカスト工場?西尾機関工場?工機工場)

水質

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 5.8~8.6 5.8~8.6 6.6 7.00 7.4
COD 10 10 1.8 2.5 3.8
BOD 10 10 0.5 0.70 1.3
SS 10 10 0.1 0.20 1
油分 2{1} 2 ND 0.30 0.9
大腸菌 300 300 ND 10.00 30
全窒素(N) 10 10 1.4 2.00 2.4
全リン(P) 1 1 0.09 0.15 0.27
フェノール類 0.5 0.5 ND
鉄(Fe) 2.5 2 ND 0.10 0.1
マンガン(Mn) 2.5 2 ND ND 0.1
亜鉛(Zn) 1 1 ND 0.03 0.08

大気

測定項目 設備 規制値 アイシン基準 測定値
ばいじん ボイラー - 0.3 0.002
焼却炉 0.05 0.04 0.003
溶解炉 0.2 0.16 0.018
発電機 0.05 0.04 0.002
SOx ボイラー 3 3 0.54
焼却炉 3 3 0.6
溶解炉 3 3 0.09
発電機 3 3 0.02
NOx ボイラー - 180 96
焼却炉 150 120 76
溶解炉 180 140 130
発電機 100 80 11
HCl 焼却炉 150 120 8
全水銀 焼却炉 50 40 0.51

PRTR法の取扱量および排出?移動量

化学物質名 取扱量 排出量 移動量
大気への排出 公共用水域への排出 下水道への移動量 その他の移動
塩化第二鉄 53,000 0 0 0 0
ダイオキシン 69 0
ふっ化水素及びその水溶性塩 1600 0 0 0 0

衣浦工場

水質

測定項目 規制値 アイシン
基準
測定値
最小 平均 最大
pH 5.8~8.6 6~8.6 6.5 7.0 7.7
COD 20{15} 10 < 0.5 2.0 4.4
BOD 20{15} 10 0.5 0.5 0.9
SS 25{20} 10 0.1 0.2 0.8
油分 10{5} 5 ND 0.4 0.8
大腸菌 3000 300 0 0 3
全窒素(N) 120{60} 20 3.5 5.0 6.4
全リン(P) 16{8} 1 ND 0.22 0.30
鉄(Fe) 工程排水はすべてアイシン辰栄の排水処理場で処理しているため、対象外
亜鉛(Zn)
銅(Cu)
フッ素(F)
ホウ素(B)

大気

測定項目 設備 規制値 アイシン基準 測定値
ばいじん ボイラー 0.05 0.04 0.002
SOx 1.75 1.4 0.005
NOx 150 37

PRTR法の取扱量および排出?移動量

化学物質名 取扱量 排出量 移動量
大気への排出 公共用水域への排出 下水道への移動量 その他の移動
3-イソシアナトメチル-3,5,5-
トリメチルシクロヘキシル
=イソシアネート
14,000 0 0 0 0
エチルベンゼン 31,000 21,859 0 0 0
キシレン 33,000 22,924 0 0 0
1,2,4-トリメチルベンゼン 11,000 5,958 0 0 0
1,3,5-トリメチルベンゼン 3,100 2,066 0 0 0
トルエン 90,000 44,865 0 0 0
ニッケル化合物 1,200 0 0 0 0
ノルマル-ヘキサン 2,700 2,687 0 0 0
メチレンビス
(4,1-フェニレン)
=ジイソシアネート
35,000 0 0 0 0
强奷漂亮老师视频国语版_在线看免费观看日本AV动态_JAPANESE丰满人妻HD_欧美曰本—本道免费无码DVD